絵画教室Q&A                     絵画教室

教室についてよく聞かれることや日頃から感じていることを書いてみました

絵心がないとダメ?

絵心とは、絵を描きたい気持ちのことをいう

その気持ちがあれば大丈夫

技術的なことは描いていくうちに培われるもの

 

まったくの初心者ですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です

「絵を描くのが好き」という気持ちがあれば根気もよく、上達します

ワタシ絵を描くの初めてなんです〜 と言う人が実に多い。なのにスイスイ描き出す。。

どうみても経験者。(初心者さんと経験者さんとでアドバイスが変わりますのに)

でもご安心ください。そういうことに慣れた大高です。

 

絵の才能が無いから

「自分に絵の才能ありますか?」と生徒さんに聞かれたことがあります。

たとえ「才能」を持って生まれても磨き続けなければもったいない

 

絵を描けるのは人間の特権と思います

 

教室の年齢層は?

40〜80代くらいです

 

何人くらいおりますか?男性もいますか?

アトリエ大高 [三絵の会] 30名 

道新文化センター [ 気軽にパステル画 ] 5名 

[ パステルで描くペット肖像画 ] 9名

計44名うち男性 3名   (2013現在)

 

子供教室はありますか?

現在、子供教室は設けておりません

 

以前いた教室と教え方が違うので戸惑います

三絵の会では構図やデッサン力・画材を理解するなど、写実が主な基礎指導を心がけてます

巨匠ドガやルドンの重厚なパステル画にみられるように、当教室は淡い表現はありません

 

モチーフは自由ですか?

現場やモデルから受ける感動を大切に勉強したいのですが、ここでは自分達が撮った色々な「写真」から描いてます。ペットを描く教室では写真が重宝しています

人物は難易度が高いため静物や風景やペットで、ある程度デッサン力をつけてからにしています

 

どんな写真を選べばいいか

ピントの合った鮮明写真であれば Lサイズ〜ハガキサイズくらいで充分

肖像権を考慮し、自分達が撮った写真から描きます

写真選びのポイント

 

ピントが不鮮明だとなぜ描きずらいか

写真が不鮮明ですと、形の輪郭・色みの判断が、ああでもないこうでもないと時間を費やして判断した割には満足な完成にならないことが多いようです

 

写真が小さすぎても大きすぎてもダメ?

○小さすぎるとモチーフの細部の形や色が正しく判断できない

○大きすぎても

画用紙と同じか、それより大きい写真を用意する方もおりますが、

絵より写真のほうが立派に見え、しかも写真との距離が近いため判断しずらい

写真選びのポイント

 

写真から絵を描くメリット・デメリット

○メリット    手軽

○デメリット 現場やモデルから受ける感動、発見が弱い。つまり上達に時間がかかります。教室ではデメリットを説明したうえでの写真利用です

 

初心者ですが人物を描いてみたい

人体の骨骼、筋肉の理解・勉強が必要。

最初は静物などで観察力を養ってからでどうでしょうか

 

なぜ「人物」は難しいのですか?

人体の骨骼や皮膚の色、影の色などモデルそれぞれに異なるため、観察力(デッサン力)が必要です

 

デッサンってなに?

デッサン=正しい観察力

デッサンは木炭・コンテ・鉛筆などで、形と明暗(光と影)を素描によって正確に表現する。絵画の基礎  

 

当教室では基礎デッサンなしで、いきなり写真から描くため

何度でも観察と測り方を繰り返しながら描きながらデッサン力を高めます

私はカ「ラーデッサン」と勝手に称しております

 

趣味なので楽しく描きたい

楽しく描けるための練習と思ってください

練習あってのホームランと・・

楽しさだけを期待する方には不向きな教室かもしれません

 

なぜ「個性」が大事なのか

他人と同じでなくていいのです

 

 「現代を生きる若者たちへ」より一部抜粋 自由詩人・松尾多聞   

       http://ameblo.jp/tamon4040/entry-11821152715.html

 

「 ベートーベンは31歳で不幸せな自分に遺書を書いた。

しかし、それで気がついたのだ!「比べていた」と。

「私というベートーベン」は一人しかいないと。

彼はそれから有名な楽曲を残した。自殺をしなかったのだ

そう、人間は誰もが世界にたったひとりしかいない「オリジナル」。

・・・(中略)人は人の目を気にする。

いいかえれば、そのために生きているといえるほどだ。

なんてつまらないカジュアルだろうと僕は思ってる。

だって、人生には髪の毛を振り乱して「たすけて!」と

叫びたいことが何度となく訪れる。

しかし貴方が一番、気にかけている「世間」は何もしてくれないよ。

助けてくれるどころか笑ってさえいる。 」

 

感性を磨く方法はありますか?

よく「一流に触れて」といいますが

美術館や名匠の作陶や歴史ある建築美を観てもその時だけの感動のような・・

感性って、すでに備わってるものかもしれませんが、それでも一心に研磨を積み重ねることが備わった感性を磨く一端になると思う

 

絵が上達する秘訣は?

「熱意」「素直」「継続」この姿勢を忘れなければ

個人差はありますが上達が速いです

 

画材にこだわらなくても、どこも同じでは?

どの世界でも、道具へのはこだわりは頑固なほどあります

私たちの腕や感性を助けてくれるのが良い画材です。そこには発見と感動があります

 

画材代ってどのくらい?

メーカーによってパステルも紙も価格いろいろです

教室使用は一式 約2万円程です    画材パステルのこと

 

画材を購入しても続けられるかどうか・・

三絵の会ではパステル画教室一日体験(2時間・要予約)が出来ます

画材購入前に、まずパステルに触れてから判断されてはいかがでしょう

 

画材一式とは

三絵の会では一式 約17,000円〜24,000円で斡旋もしております
画材と手荷物で約2〜3kgくらいになります。皆さん必要分を工夫して持参されます
教室で使うパステル  

 

入門書によくある小道具は必要?

入門書によくある小道具 綿棒、擦筆、ブラシ、粉を山盛りなどは

重厚表現を主とする三絵の会では必要としません

紙とパステルとティッシュと指と。。これで充分

 

小道具が増えると工作してる感覚になりませんか?

果たして巨匠ドガやルドンは綿棒を使っていたでしょうか?

 

スランプにぶつかったらどうすればいい?

壁を乗り越えるためには描き続けるよりありません。あきらめないで

 

作品の完成にはどのくらい時間かけますか?

平均はF6を3か月くらいで完成でしょうか(教室は月2回なので6回で完成)

納得するまで一枚に何か月もかける人もいます

F6を2時間で完成する人もいます。ですが教室はスピードを競う場ではありません

全ては完成作が物語っているとおりですね

 

突然の上達はない

「あら、いつのまに上手になったの?」とびっくりさせられることがあります

そういう人達に共通するのが、直前まで描いていた絵に手こずりながらも諦めずに長い間、

取り組んでいたことと、絵をはじめて3年目くらいでということです

もちろん個人差もありましょうが・・


恐くて修正できない

修正したいけど、修正に失敗したらどうしようというあなた。

修正に慣れていきましょう

そして修正方法が身につけばその頃には画材とも慣れ親しんでいるでしょうから驚くほど上達していますよ

 

失敗は成功のもと

「失敗」って終わりではなく「始まり」

失敗は発見に繋がります。実感してください。


     <教室の歩み                                           教室作品展   

                           ホームページ 全ての画像をコピー禁止とさせていただきます  

                                       肖像画のお店 アトリエ大高  電話 011-281-9213

                               北海道札幌市中央区南1条西2丁目 IKEUCHI GATE 6F

                                                          www.shouzouga-ootaka.com

ご覧いただき

ありがとうございます

肖像画とパステル画教室のホームページです

 

 

 

更新いしました

 

    ギャラリー

       パステル画教室 

    北山啓子 沖田房子 

    村上りみ

  

 

■「肖像画教室」スタート

 

 

■「三絵の会」2018 行事

  

パステル画教室アピール

 

「パステル画100枚展」

 

 11月30日 

   札幌地下歩行空間 

パステル画教室アピール!

 

 

 

 

パステル パステル画教室 

TOP